一戸建て住宅を建てようと思ったきっかけ

みんなのあこがれである新築一戸建て住宅の家づくり。私が一戸建て住宅を建てようと考えたきっかけについて紹介させていただきます。私の実家は町営住宅で借家です。私は子供の時から借家暮らしだったので、借家での生活自体は特に不便さを感じることはありませんでした。しかし、結婚を考え始めたころから、家族だけでなく、兄弟や親戚との付き合いなども考えるようになり、そうなると、みんなが集う場所というものも気にするようになりました。私は長男なので、結婚を考え始めたころから、自分がみんなが集える場所を用意しなければならないなと考えるようになりました。

 

また、私の住む地域は田舎にもかかわらず意外と家賃が高く、結婚後暫くは借家暮らしをしておりましたが、隣に住む住人が、もう長く住みすぎて、家を建てれるぐらい家賃で払ったといっていました。その話を聞いて、少しでも早く家を建てないともったいないなと感じるようになりました。隣の住民の話と、私が集う場所を作りたいと考えていたこと、こういったことから一戸建て住宅を建てることにしたのです。