戸建て住宅とローンについて

住宅を建てる時には、ローンを組み金融機関から融資を受けるのが一般的です。

最近はずいぶん金利が低くなりました。

長期固定のローンでも以前よりかなり低くなったので、ローン組む側にとっては融資を受けやすくなったといえます。

戸建て住宅を購入する際に、融資を受けられる金額について多くの方は頭を悩ませますが、あまり金額が大きいと、あとから返済に苦労することになります。

払える金額だと思っていても、思わぬところで出費がかさむことがありますので、月々の返済金額には十分な余裕をもっておくことをお勧めします。

又、戸建て住宅では、メンテナンスに費用がかかります。

新築して10年程度で外壁や屋根の塗り替えが必要になりますし、風呂やキッチン、湯沸し器なども10年から20年程度で経年劣化しますので、その予算も必要になります。

ローンを払いながら修繕のための積み立てもできるのが、賢い建て方と言えるでしょう。

 

PR|JALカード|女性の人生|アフィリエイト相互リンク|工務店向け集客ノウハウ|健康マニアによる無病ライフ|オーディオ|貯蓄|お家の見直ししま専科|住宅リフォーム総合情報|童話|GetMoney|英語上達の秘訣|生命保険の口コミ.COM|クレジットカードの即日発行じゃけん|英語上達の秘訣|女性向けエステ.com|初値予想|